インプラント

インプラント

インプラントについて

歯の役割

歯の役割

歯の最も重要な役割は言うまでもなく噛む事です
しかし、これ以外に歯には顔の表情を決定するという重要な役割もあることを忘れてはなりません。 顔貌、表情、喜びの表現、自然な笑いに歯は大切な役割を果たしています。 歯は会話をまじわすためにも、美しい表情にも不可欠な要素です。歯はその人のライフスタイルやライフクオリティーに大きく影響しているのです。
歯科用インプラント
歯科用インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根のことです。 インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。埋め込まれたインプラントは、平均6~12週間の治癒期間を経て骨にしっかりと結合します。この期間、ITIインプラントの場合はインプラントの頭を歯ぐきの外に出した状態ですので、他のインプラントを使用した場合のようなインプラントの頭を出すための2回目の手術をする必要がありません。

新しい治療法と従来の治療法
失った歯の修復法として、従来は人工クラウンやブリッジ、取り外し式の部分的な入れ歯、総入れ歯が利用されてきました。しかし、こうした代用物を口の中に確実に固定させるためには、隣の健康的な歯を削らなければならないといった問題がありました。 また、従来の方法では失われた歯根までもを回復させるすべはなく、歯がなくなることによってできた顎の骨の中の空洞は放置されたままでしたので、やがてはこの歯根の喪失による空洞によって骸骨が萎縮する危険がありました。 本来あるべき骨量が年月とともに減少すると、入れ歯はフィットが悪くなり、食べる喜びがなくなります。
従来の治療 インプラント治療
歯が一本抜けた場合

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

健康な歯を全く削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。
歯が数本抜けた場合

入れ歯を固定するための針金が見た目にも機能的にも不快です。

針金つきの入れ歯ではなく、歯のない部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。
歯が全部抜けた場合

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

数本のインプラントを入れて入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。
インプラント治療の利点
  • 取り外し式の入れ歯に変わって、固定式の入れ歯を入れることが出来ます。
  • 取り外しのいればの場合でも、インプラント上にしっかりと固定されますので、通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
  • インプラントによる入れ歯なら、天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
  • 自然な外観や表情を取り戻す事ができ、人前で話す事もまったく平気です。
  • 噛む機能が回復することで食べ物の制限がなくなり、バランスの良い食事が楽しめます。楽しい食事は体を健康に保つだけでなく、心までも健康にします。
どんな歯を使う?
インプラントの上に入れる歯には、大きく分けて下記の3種の方法があります。
完全に固定するインプラントのヘッドにセメントを用いて歯を接着する。

完全に固定する

利点
定期健診などの時に歯医者さんで外してもらい、インプラントと歯肉の境目を清潔することができる。
欠点
ネジ穴が見える場合がある。
ネジで止めるインプラントのヘッドと歯をネジで止める。

ネジで止める

利点
定期健診などの時に歯医者さんで外してもらい、インプラントと歯肉の境目を清潔することができる。
欠点
ネジ穴が見える場合がある。
入れ歯にするインプラントのヘッドに棒状または球状の維持装置を取り付け、入れ歯を固定する。

入れ歯にする

利点
1本ずつ歯を固定するより安価。
欠点
毎日取り外してきれいに洗浄しなければならない。

インプラント治療

インプラント治療のバリエーション
歯を1本だけ失った場合

"失われた1本の歯根の代用品"としてインプラントを1本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は、最も洗練された治療方法であり、審美的にも満足のいく結果が得られます。 1本のインプラントによってあたかも自分の天然歯のような自然に感じられます。顎骨の"萎縮"の心配もなく、本来の骨量を維持できます。 ブリッジを入れる時のように健康な隣の歯を削る必要がありません。
数本の歯を失った場合

この場合もインプラントが理想的な解決法となります。数本のインプラントを歯の無い部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。
歯のない部分が広い場合

臼歯が失われた場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で咬合機能を回復させてきました。 これに対し、インプラントなら天然歯と同様の感覚の"固定式"人工歯を入れることができます。
歯がまったくない場合

下顎の歯が1本も無い場合の修復にはインプラントがよく利用されます。 インプントのヘッド部をバー状の維持装置で連結し、その上に取り外し式の入れ歯をしっかりと固定することができます。
インプラント治療の流れ
インプラント埋入手術に伴う不目由さ痛みの程度、およびその継続期問は臼歯の抜歯と同じくらいと考えて下さい。 埋入手術は局所麻酔下で行います。顎骨を露出し、そこにインプラントを埋入し傷を縫合します。やがてインプラントは周囲の骨と結合し、安定します。インプラントと骨が結合するまでの問、定期的に検診を行い、インプラントの状態をチェックします。約6~24週問でインプラントは周囲の骨と完全に結合されます。
Step.01
診断と治療計画

診断と治療計画

レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。
Step.02
インプラント手術

インプラント手術

チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。
ドリルで骨を削ります
インプラントを入れるための孔ができました
インプラントを埋め込みました
Step.03
インプラントと骨がくっつくのを待つ

インプラントと骨がくっつくのを待つ

インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約6~24週間(※)待ちます。 ※骨の状態など、様々な条件により異なります。
Step.04
歯の装着

歯の装着

ここで人工の歯を取り付けます。 手術2回式のインプラントの場合はここでもう一度手術してインプラントの頭を出さなければなりません。 インプラント治療の終了後はホームケアが重要です。正しい歯みがきと半年に一度は定期検診を受けましょう。
インプラントケア
インプラントの上に歯をかぶせ、インプラント治療が一応終了しました。 それからが問題です。あなたのインプラントを長期に渡って機能させることができるかどうかはあなた次第です。
01毎日の念入りな歯磨き

毎日の念入りな歯磨き

最も重要なホームケアが歯みがきです。 「食べたらすぐにみがく」を心がけ、指導された正しいブラッシングを行いましょう。
02歯医者さんでの定期検診

歯医者さんでの定期検診

当たり前のことですが、インプラントには神経がありません。 ですから感染が起こっても自覚がありません。 グラグラ動いてきたり、膿が出てはじめてて気が付くのですが、こうなってからでは手遅れです。 治療終了後は、先生の指示に従って必ず定期的に検診をうけましょう。
  • 〒553-0001
  • 大阪市福島区海老江1-11-2グリーンシティ大阪1F
■ 診療内容
お口のニオイが気になる、お子様の歯を守りたい、歯を失ってしまった、虫歯を治したい、インプラント、歯を美しくしたい
国産セラミック歯、顎が痛い、根幹治療
診療時間
10:00~12:30 ×
14:00~19:40 × ×

休診日:日曜・祝日