大阪市の顎関節症|顎の痛みはみなと歯科医院まで
HOME>院長日記

予防歯科

治療について
顎関節症治療は徐々に多くの患者様に浸透してきて
忙しいですが、やりがいのある毎日です。
実は当院の特色として顎関節症以外に、できる限り再治療をしない歯内療法
というものがあります。歯内療法というのは歯の内部の神経を取ったり
根の内部をきれいに清掃したりして冠をかぶせたりする前の歯の基礎工事とも
言える重要な治療です。ただ、この治療は患者様には目にみえない地味な治療
であり、治療結果もすぐには出てこないなどの問題から軽視される事もよく
あります。虫歯が大きくて歯の神経を取るような事になった時には歯内療法を
確実に行う事により、その歯の予後は安定したものとなります。
根の治療の完了時には必ず歯科用レントゲンをお見せして説明をしますので
成果をぜひ見て帰ってくださいね。


1
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。