大阪市の顎関節症|顎の痛みはみなと歯科医院まで
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

糖尿病予防 食事1食分
 2013年7月12日 金曜日 大阪市福島区 みなと歯科医院 小川です。

歯周病原性細菌が全身のさまざまな疾患に影響をあたえている研究が多数発表されています。
この夏のテーマとして、歯周病に伴う糖尿病及び、糖尿病予防のための「食」について勉強してみたいと思います。
<糖尿病食 1食分>ご飯120g/具だくさんのスープ煮/海藻サラダ/きんぴらごぼう
合計カロリー:390kcal

ご飯120g

カロリー:202kcal
タンパク質:4.2g脂質:0.4g
繊維質:0.4g塩分:0.0g

きんぴらごぼう

カロリー:52kcal
タンパク質:1.4g脂質:1.6g
繊維質:2.8g塩分:0.6g

海藻サラダ

カロリー:16kcal
タンパク質:0.8g脂質:0.1g
繊維質:0.9g塩分:1.0g

具だくさんのスープ煮

カロリー:120kcal
タンパク質:10.8g脂質:3.7g
繊維質:3.8g塩分:1.0g

 

                   具だくさんのスープ(食材 なす)に お茄子をたくさんいれてみてください


茄子に含まれている成分は約94パーセントが水分ですが、ビタミンB郡・Cなどのビタミン・カルシウム・鉄分・カリウムなどのミネラル成分、食物繊維などをバランスよく含んでいます。

なすはこれらの栄養成分により、生態調節機能が優れているといわれ、とくに豊富に含まれている食物繊維は便秘を改善し、大腸がんを予防したり、血糖値の上昇を抑え、糖尿病や肥満を防ぐ効果があるといわれています。

また皮に紫黒色の色素「アントシアニン」一般にアクと呼ばれるクロゲンサンなどの抗酸化成分「ポリフェノール」が含まれているので、カラダの老化を防ぐ動脈硬化の予防、ガンの発生・進行を抑制する作用もあるといわれているそうです。

余談ですが・・・・・
嫁には(秋)茄子をたべさすな(TT)といわれていますが、
姑さまがたくさん畑でとれた茄子をたくさん送ってくれます(^^)
我が家では 嫁にはたくん 茄子をたべさせろ♪ となっております。

お母様 ありがとうございます

お口は健康の入り口です。
お口の中に歯周病原性細菌、菌血症などの菌がたくさんいると、全身に影響を与えるということ。
これは歯科医院で定期的に歯石とりなど、個人個人にあったケアーをしていく必要があります。
そして、糖尿病の食事ではたべていけないものはないといわれています。
健康を維持するための必要エネルギーを確保した食事で食べ方と量に注意をしながら、規則てきに正しくお口のメインテナンス、食事をつづけていくことが大切ということ(^^)です。

必要エネルギーとは

標準体重をもとに、病態・労働量・肥満度・年齢・性別等を考えて医師が決定します。

また、糖質(60%)、たん白質(15%)、脂質(25%)になるようにバランスよく配分します。いろいろな食品を組み合わせて1日3食を同量程度に分け、よく噛んで食べるように心がけてください。特に主食(飯・パン・麺等)、主菜(肉・魚・卵大豆製品等)の計量をした、目安量。



今年の夏は白い歯で過ごしてみては?♪

平成25年7月11日(木曜日)

大阪市福島区海老江みなと歯科医院・歯科衛生士の橋本です。


みなさん、こんにちは♪

今日もと〜っても暑いですね(@_@;)
夏が大好きな私も、朝の自転車通勤で毎日汗だくです(笑)

楽しい夏の予定が決まってきている方も多いんではないでしょうか♪
私も今週末は、サーフィンに行ってきます(^^♪
たのしみです!!

夏といえば、白い歯!!
海辺で白い歯って、想像するだけで爽やかでいいですね〜♪

当院でも、気軽に白い歯にできる『ホワイトニング』がとても人気です☆

院内で行うオフィスホワイトニング
ご自宅で行うホームホワイトニング

ホワイトニングを行う回数なども選んでいただけるシステムをご用意しております。
お値段など、詳しい情報は当院のホームページをご覧くださいね↓
http://www.minato-shika.jp/blog2/menu03/005/


今年の夏は白い歯で♪♪♪
気になる方はいつでもお気軽にスタッフへお声かけくださいね(^u^)




「白い歯」っていいですね♪

2013年7月11日 木曜日

こんにちは。

大阪市福島区のみなと歯科医院の鷲田です。


「白い歯」いいですよね〜♪

 

「友達の歯は真っ白なのに、私は少し黄色っぽいような・・・」

「歯を治療してキレイなかぶせものをしないと無理かな・・・」

そんなこと、ふと思ったことありませんか?


人それぞれ顔が違うように、歯の色、形も様々です。
いいなぁ・・・と羨ましいこともあるかと思います。

なら、治療してキレイな色のかぶせもの!
でも、むし歯でもない歯を???


そんなときこそ、「ホワイトニング」 です(#^.^#)


決して永久的に白さが保たれることはありませんが、

自分の希望の白さにグ〜ンと近づけるかと思います。


歯によっては稀に適応できない場合もありますが、

ほとんどの患者さまが当院でも「白い歯」に大変身されてます(^^♪

そんな患者さまの笑顔は男性であれ、女性であれ、とっても素敵です♡ ♡ ♡


一度やってみようかな・・・やりたいな・・・話しだけでも・・・

その時がホワイトニングの一番のタイミングだと思います(^_-)-☆


当院でもカウンセリングはじめ患者様にあったホワイトニングを

きちんとご説明させていただきますので、是非ご来院くださいねッ(#^.^#)



糖尿病予防 旬な野菜を知る(ゴーヤ)
 2013年7月11日 木曜日 大阪市福島区 みなと歯科医院 小川です。


歯周病原性細菌が全身のさまざまな疾患に影響をあたえている研究が多数発表されています。
私は、歯周病に伴う糖尿病及び、糖尿病予防のための「食」について勉強してみたいと思います。

夏の旬な食材「ゴーヤ」について調べてみました。
「ゴーヤ」
コーヤは苦味成分のある野菜で栄養価ではビタミンCが多くふくまれています。

「ククルビタミン」というフラボノイド類が含有されており、免疫力を強化し糖尿病予防効果やガン予防効果があるといわれています。

カリウム、マグネシウム、カルシウムがバランスよく含まれていて、ビタミンCに到ってはトマトの5倍も含まれています。その他にも食物繊維、鉄分、リンなどのミネラルも多く含まれており、整腸作用や高血圧予防にも効果があり、沖縄の人気自然食品です。

低カロリー、豊富な共役リノール酸や食物繊維、ビタミン、ミネラルを含むゴーヤーは、この夏の旬な食材の一つとして是非、食べていただきたいですね。


まず知っていていただきたいことは、お口は健康の入り口である。
お口の中に歯周病原性細菌、菌血症などの菌がたくさんいると、全身に影響を与えるということ。
これは歯科医院で定期的に歯石とりなど、個人個人にあったケアーをしていく必要があります。
そして、糖尿病の食事ではたべていけないものはないといわれています。
健康を維持するための必要エネルギー量を確保した食事で食べ方と量に注意をしながら、規則てきに正しくお口のメインテナンス、食事をつづけていくことが大切ということ(^^)です。

必要エネルギーとは。

標準体重をもとに、病態・労働量・肥満度・年齢・性別等を考えて医師が決定します。

また、糖質(60%)、たん白質(15%)、脂質(25%)になるようにバランスよく配分します。いろいろな食品を組み合わせて1日3食を同量程度に分け、よく噛んで食べるように心がけてください。特に主食(飯・パン・麺等)、主菜(肉・魚・卵大豆製品等)の計量をした、目安量。



水分補給☆

2013年7月12日(金曜日)大阪市福島区みなと歯科医院スタッフの北野です。

こんにちは☆
今日も相変わらず暑いですね(@_@;)

先日、子供たちの懇談会があったので小学校に行ったのですが、あまりの暑さにビックリしました(>_<)
扇風機は付いているのですが、暖かい空気を循環させているだけなので、全く涼しくはなかったです…。
よくこんなに暑い教室で授業を受けていられるなぁと感心しました(・。・;
プールの授業を心待ちにしているのも納得です☆

学校で他の生徒に会ったのですが、みんなお風呂上りのような感じで、髪の毛も汗で濡れていて、ほっぺたがほんのり赤くなっていました(;一_一)
水筒を毎日お茶を満タンに入れて持っていくのですが、空っぽで帰ってきます☆
水分はお茶などの飲み物だけでなく、野菜からも多く摂ることができるそうなので、旬の野菜をたくさん食べるようにしていきたいですね!!