大阪市の顎関節症|顎の痛みはみなと歯科医院まで
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

寒い日は要注意!!

H24年2月10日(金)

こんにちは(*^_^*)
大阪市福島区海老江のみなと歯科医院スタッフの春日です★

 

寒いと体がちじこまってしまって
変に肩がこったり
歯をグットくいしばってしまったりしますよね。

顎関節症の方は要注意ですよ!!


自転車をこいでいたり
冷たい風があたると無意識にくいしばってしまうことが多いのです(>_<)


そういったことによって顎関節部に負荷がかかり
調子が良くない時も出てくるかと思います。


しかし、がっかりすることはありませんよ(^◇^)

確かに、冬は寒さのせいでなかなか順調に治療が進まないことがあるとおもいます。
しかし、ゆっくりと確実にゴールへと近づいているのは確かです!!


あきらめずに、治療を続けてくださいね☆
きっといい結果が待っています(●^o^●)


不安なことや気づいたことがありましたら
教えて下さいね♪
 



歯と認知症

24年2月7日(火) 大阪市福島区みなと歯科医院の池宮です(^―^)

歯を失うと、物が噛めなくなって脳に味覚や噛む振動が伝えられず脳細胞への刺激が減少し、それが認知症を発症させるリスクが高くなるのです。

よって歯周病で歯がグラグラしたり、歯を失うと、噛みづらくなったり、噛めなかったりするので認知症によるリスクも高くなります。

歯周病の治療はもちろんのこと、たとえ歯を失った後でも歯医者さんで入れ歯を作るなどして、しっかり噛める環境を作っておくことが重要です。

また、最近では歯周病菌が出す毒素が脳に影響し、認知症を発症させるという報告もあります。



フッ素

2012年2月7日(火)

こんにちは。
大阪市福島区のみなと歯科医院の鷲田です。

今日はフッ素のお話しです!

フッ素、虫歯予防に・・・と乳歯の頃から定期的に
塗布されてるお母さんもたくさんいらっしゃるかと思います。

市役所などでも歯科検診の際に「フッ素塗布」ありますよね。

市販の歯磨き粉にも「フッ素入り」と記載されているもの
最近ではたくさん目にします。

フッ素は虫歯予防に関連はしてますが、

・歯質の強化
・萌出後のエナメル質の成熟の促進
・初期う蝕の再石灰化とう蝕の進行抑制
・口腔細菌の代謝活性抑制作用

など、いろいろな効果があります。


いろいろあるのは効果ばかりでなく、塗布方法も様々です。
・直接塗布する方法
・洗口法(毎日法、週一回法)
・歯磨き
上の3つを組み合わせて活用する方法などです。

お子さんによって嫌がる子もいらっしゃるでしょうから、
このやり方!と決めつけるわけにもいきません。

泣きながら・・・より、ニコニコしながら歯磨きをして、
フッ素までできると尚いいですよね!

歯磨き苦手で・・・などお困りのことございましたら、
いつでもご相談下さいね。
 



バレンタインデーにお勧めのMIペースト・チョコ味♪

平成24年2月7日(木曜日)

大阪市福島区海老江みなと歯科医院・歯科衛生士の橋本です。


おはようございます♪
今日も寒いですが、みなと歯科医院は元気に診療していますよ(^◇^)

もうすぐ、バレンタインデーですね◎
愛する人に、お世話になっている人に、大切な家族に、チョコレートを用意されている方もたくさんおられると思います♪
私も先日実家に帰省していたので、一足お先に父にチョコレートを渡してきました◎
きっと今頃、晩酌のウィスキーとともに楽しんでくれていると思います(^v^)


みなと歯科からのバレンタインデーのプレゼントのお勧めは♪

大好評の『MIペースト』の期間限定・チョコ味!!

歯の表面を強くしてくれるリカルデント配合のミネラルパックです◎
小さな虫歯を再石灰化してくれ、知覚過敏の症状なども抑制してくれるすぐれものです。
お手持ちの歯磨き粉でしっかり歯ブラシしたあと、この『MIペースト』を塗り込みます。
牛乳成分で出来ているクリームなので、飲み込んでしまってもまったく問題のない素材でできています。
お子様にもピッタリですよね♪

こんなバレンタインの贈り物、ちょっと変わってて、お洒落ではないでしょうか?
みなと歯科医院で¥1580で販売中です♪
ぜひ一度お試しくださいね(●^o^●)



過剰な力

H24年2月7日(火)

 

こんにちは(^◇^)
大阪市福島区海老江のみなと歯科医院スタッフの春日です☆


強い力でこすりあわせ続けると、歯が摩耗して減っていきます。
徐々に歯は削れて平になり、エナメル質が失われ
象牙質がむき出しになってしみるようにもなってしまいます。

象牙質は軟らかいためさらに摩耗しやすく
酸に弱いため虫歯にもなりやすい状態です。。。

また、歯が平になると、上下の本来のかみ合わせに位置がらからなくなり
噛み合わせがずれやすくなってしまうのです。


こうならないためにも力のコントロールは重要ですし
真の意味で患者様を救うためにも心のケアがとても大切といえます。


心身のリラックスで快適なお口をとりもどしていきましょうね(*^_^*)