ブログ

ブログ

ブログ

お口の大敵『口内炎』に効く食べ物◎

予防歯科

2012/07/31

平成24年7月31日(火曜日)

大阪市福島区みなと歯科医院スタッフの橋本です。

誰でも一度はお口の中にできたことがあるのではないでしょうか?『口内炎』!
痛くてご飯を食べる気がおこらなくて憂鬱になりますよね、、、
口内炎が出来て『痛いんです』とおっしゃられる患者様、たくさんおられます。
ご飯を食べるとき、痛くて困った、という経験はありませんか???


口内炎や口角炎は、体調が疲れていたり風邪をひいて抵抗力が弱まっているときにできやすいもので、ちょっとした粘膜の刺激だけでもできる場合があります。
この粘膜の炎症を起こしにくくし、治りやすくするために重要な栄養素は、、、
ビタミンB2」と「ビタミンC」です!!!

このうち、「ビタミンB2」の大切さははまだあまり皆さんに知られていません。
サプリメントに頼るのもいいですが、健康的に食べるもので治せたら理想的ですよね。

ビタミンB2』は、一体どんな食品に含まれているのでしょうか?

たくさん含まれているもののトップは、うなぎ!です。
続きまして、いわし、さば、さんま、ししゃも、ぶりの青魚

牛、鶏、豚の肝臓(レバー)にもたくさん含まれています。
魚肉ソーセージも意外と高い数値が出ているんですよ!
その他には、鶏のたまご、牛乳、ヨーグルトなど。


外食のときにも、「口内炎ができて痛いなぁ…」と思ったら、
「さんまかな、ちょっと贅沢してうなぎにしようかな?」などと、ビタミンB2を思い出してみてくださいね



戻る

  • 〒553-0001
  • 大阪市福島区海老江1-11-2グリーンシティ大阪1F
■ 診療内容
お口のニオイが気になる、お子様の歯を守りたい、歯を失ってしまった、虫歯を治したい、インプラント、歯を美しくしたい
国産セラミック歯、顎が痛い、根幹治療
診療時間
10:00~12:30 ×
14:00~19:40 × ×

休診日:日曜・祝日