ブログ

ブログ

ブログ

歯周病は糖尿病の第6の合併症

予防歯科

2009/12/30

こんばんわ 福島区みなと歯科医院 笹本です。


今日は口腔ケアと全身疾患の密接な関係のお話です。 

って書くと ちょっとムズカシイ・・・ 

歯周病 × 糖尿病 = 糖尿病を悪化させる可能性がある。

歯周病 ×糖尿病 ∴ 予防ケアー = 血糖値が下がった (という報告がありました)

歯周病が全身疾患と関係のあることが明らかになってきています。
細菌や炎症反応物質が全身の臓器や組織などに悪影響を及ぼすと言われているほど、お口の健康を守ることが体の健康にもつながっていえるといえるんですよ。


さて 糖尿病 って聞いたことがありますか?

糖尿病ってどんなイメージをおもちでいらっしゃいますか?

糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、糖代謝の異常によって起こるとされ、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高まることによって、様々な特徴的な合併症をきたす危険性のある病気といわれているんです。



歯周病と合併すると・・・・・・・・・・・

糖尿病にかかっている人はどうでない人と比べ、重度の歯周病のなるリスクが3倍も高いといわれています。

また 歯周病金やその毒素など血管から体に入る、インスリンが働きにくい体の状態を高めて、糖尿病を悪化させる可能性があります。

糖尿病患者が歯周病を治療すると、血糖値が下がったという報告もあったそうです。

積極的な歯周病予防を心がけましょう♪

戻る

  • 〒553-0001
  • 大阪市福島区海老江1-11-2グリーンシティ大阪1F
■ 診療内容
お口のニオイが気になる、お子様の歯を守りたい、歯を失ってしまった、虫歯を治したい、インプラント、歯を美しくしたい
国産セラミック歯、顎が痛い、根幹治療
診療時間
10:00~12:30 ×
14:00~19:40 × ×

休診日:日曜・祝日