大阪市の顎関節症|顎の痛みはみなと歯科医院まで
HOME>気になる病気
歯周病とは
歯の役割

まず皆さんに知っていただきたいのは、成人の8割が歯周病です。

歯周病は、歯肉や歯槽骨を支える組織に起きる進行性の病気です。
歯肉が腫れる歯肉炎から始まり、炎症が進むと、歯と歯肉の間の溝がしだいに深くなり(歯周ポケット)さらに放っておくと、やがて歯がぐらぐらになってしまい、歯を抜かなければならない段階まで進行します。

初期の歯肉炎を含めると30歳前後で国民の79パーセント、40歳前後では84パーセント、50歳前後では、実に88パーセントが歯周病にかかっています。(平成11年歯科疾患実態調査)
毎日のセルフケアを始めましょう。

歯を毎日磨いている人は、日本人の96パーセント(平成11年歯科疾患実態調査)です。
しかし、磨いている事と、磨けていることは違うようです。
磨く回数が少なく、磨き方も悪いために、磨き残した歯石が原因で歯周病をまねき、中高年以降は大切な自分の歯を2年に1本以上のペースで失っているのが現状です。


歯周病の進行と有病率

初期の段階であれば歯磨きでプラークを取り除き、歯科医師や歯科衛生士に歯石を除去してもうらことで治っていきます。
しかし放置するとポケットはますます深くなり、歯を支える歯槽骨が溶け始め歯周病となります。
炎症が歯槽骨に達した段階でも痛みを感じないのがほとんどで、気がつくと歯槽骨の破壊が進んで歯がグラグラということもあります。

歯肉炎 歯垢のたまった歯肉が炎症を起こし、赤く腫れます。
歯磨きなどのわずかな刺激で出血し、口臭の原因にも。
歯垢を放っておくと歯石となり、歯磨きではとれないため、歯科医院でとってもらいましょう。
歯肉炎
歯周炎
(軽度)
歯肉の炎症が進み、歯周ポケットが深くなります。
歯肉の色は赤黒く腫れて、痛むことも。
歯周炎(軽度)
歯周炎
(重度)
歯周ポケットがさらに深くなり、歯の土台となっている歯槽骨が溶け、歯がぐらぐらします。
歯肉はぶよぶよして膿を伴います。
歯周炎(重度)
症例
正常な歯 軽度歯周病 中等度歯周病 重度歯周病

1.正常な歯

2.軽度歯周病

3.中等度歯周病

4.重度歯周病

歯周病の原因

歯のすき間に細菌が巣をつくり、炎症をひきおこします。

よくみがいたつもりでも歯間部は、みがき残しが多く、大部分に歯垢(プラーク)が残っています。
歯周病の主な原因は、そのみがき残した歯垢です。
歯垢には何種類もの細菌が集まり、糖分からネバネバした物質をつくり、バイオフィルムと呼ばれる細菌の巣のようなものを形成しています。1gの歯垢は、なんと1000億もの細菌の塊なのです。
歯垢と歯垢が、石灰化してできる歯石は、歯肉の炎症をひきおこし、徐々に歯周ポケットをひろげ、歯槽骨まで壊してしまいます。

歯周病を招きやすい生活習慣

たばこを吸う

たばこは歯肉の血行を悪くし、歯肉の細胞にダメージを与えて歯周病のリスクを高めます。

疲労やストレスをためている

疲労や睡眠不足が続くと免疫力が低下し、口のなかのケアもおろそかになるため、歯肉の炎症を悪化させます。
ストレスなどによる歯ぎしりも症状を進行させる要因に。

よく噛まずに食べる

よく噛んで食べると唾液がじゅうぶんに分泌され、口の中の汚れを洗い流し、細菌の繁殖しにくい環境に保ちます。

間食が多い

食後に歯をみがいた後は甘いものを控えたいもの。
特に口の中に長くとどめるキャンディー、キャラメルなどは歯垢を増やすもとです。

歯周病が及ぼす影響
歯の役割

最近になってプラークの病原性細菌は口の中で悪さを働くばかりでなく増えてくると唾液や血液の中に入り込んで体のあちこちに飛び火し、全身に深刻な影響を及ぼしかねないことがわかってきました。


歯周病の治療

まず、綿密な診療を行って病気の実態を調べ、原因を明確にした後、治療に移ります。治療の内容は症状や進行の程度により決められますが、通常次のような治療が行われます。

プラークコントロール
歯周病の治療

歯の周りに付着したプラークを取り除きます。


局所への薬物療法
歯周病の治療

歯周病治療軟膏の塗布およびポケット内注入をします。


スケーリング、スケーリング・ルートプーレニング
歯周病の治療

歯石の除去および病的歯根面の清掃をします。


歯周ポケット掻爬
歯周外科手術
歯周病の治療

重度の場合おこないます。


保存不可能な歯は抜歯し、義歯などを入れる
治療後のケア

再発の防止や進行の予防には生活習慣の改善が重要です。
歯科医師、歯科衛生士から受けた指導や注意を守って再発を防ぎましょう。
特にブラッシングは重要で効果的に行っていくと、かなり重症の歯周病でもとけていた歯槽骨や歯根膜が次第に治ってきて、グラグラだった歯の揺れが少なくなり、噛み合せも整ってきます。

歯周治療前

歯周治療前

歯周治療後

歯周治療後

※個人差がございます。

歯の役割

ご自身でブラッシング方法


一筆書きの要領でブラッシングをします。
歯周病の自己チェック

鏡で歯ぐきの状態を観察しましょう

歯周病の予防には、鏡で歯ぐきの色などを観察する習慣も大切です。
チェックリストにあてはまる項目があれば早めに歯科医院に相談しましょう。